骨格スタイルの基本の3タイプ

生まれつきの身体の骨、筋肉の質感やラインの特徴から、似合う洋服の素材やシルエット、丈感、ヘアスタイルなどの特徴が分かります。骨や筋肉の付き方は年齢が変わっても、大幅に変わることはないので一度タイプが分かれば、その後のお洋服選びがとても楽になります。自分の身体の特徴を知ることで、スタイルをよく見せる着こなしをすることも可能になります。

生まれ持った体質により、
「筋肉のつき方の特徴」=「ストレートタイプ」
「脂肪のつき方の特徴」=「ウェーブタイプ」
「関節の大きさの特徴」=「ナチュラルタイプ」
これらの3つに必ず分類されます。

【ストレートタイプ】の身体の特徴
厚みを感じさせる グラマラスな メリハリボディ
全体的に立体感があり、筋肉を感じさせるボディ。
どちらかというと上重心。肌に弾力とハリがあるのも特徴。
バストライン
鎖骨からバストトップまでが直線的。胸に厚みがあり、横から見ると立体的。
正面から見た腰のライン
ウエストと腰幅の差は小さい。
ひざ上とひざ下の差
ひざ上は太めで、ひざ下は細く、メリハリがある。
ウエスト
胸からウエストにかけての距離が短く、腰の位置は高め。
ヒップライン
ヒップが立体的で、ウエストラインがはっきり。

【ウェーブタイプ】の身体の特徴
華奢で厚みがなく 柔らかな曲線のボディ
体はうすく華奢。やわらかな曲線を描くボディ。
どちらかというと下重心。肌は筋肉よりも脂肪を感じさせるソフトな質感。
バストライン
鎖骨からバストトップにかけてややえぐれたようにつながる。
正面から見た腰のライン
ウエストと腰幅の差は大きくなだらかな曲線
ひざ上とひざ下の差
ひざが出ている。太ももが細く、ひざ下に肉がつきやすい。
ウエスト
ウエストから腰の距離が長く、腰の位置は低め
ヒップライン
ヒップは平面的。背中からなだらかな曲線になっている。

【ナチュラルタイプ】の身体の特徴
フレーム感のある スタイリッシュボディ
筋肉や脂肪があまり感じられないボディ。骨が太く大きく、関節も目立つ。
全体的に四角形のようなフレーム感。
バストライン
個人差があるが、鎖骨からバストトップにかけて直線的な人が多い。
正面から見た腰のライン
ウエストと腰幅の差は個人差がある。
ひざ上とひざ下の差
ひざの皿が大きい。ひざ上の太さは個人差があり、すねの骨やアキレス腱が太い。
ウエスト
腰の位置には個人差がある。
ヒップライン
肉感はほとんどなく、平面的。骨盤に厚みがある。

担当直通に電話する(田部井)