体型悩み-中年太り編-

以前と比べるとウエストがきつくなったかも・・・。
そんな悩みをお持ちの方はいませんか?年齢と共に代謝が落ちお腹がぽっこり出てしまう中年太り体型。体型のせいか最近見た目にも気を遣わなくなってしまったという人も多いのではないでしょうか。しかし第一印象の大半はやはり見た目で決まってしまいます。ビジネス用でも普段のファッションでもポイントを抑えるだけで体型をカバーできるテクニックはあるんです。今回はがっちり体型と同じくらい多かった中年太りの悩みをお持ちの方がファッションを楽しめるテクニックをご紹介していきます。

以下の4つはとても重要なポイントです。
1サイズ感
2適度な肌見せ
3色や柄のチョイス
4清潔感

1大きすぎず、タイトすぎず
ついやってしまいがちなのが大きめのサイズをチョイスしてしまうことです。自分の体型に自信をなくしてしまい隠そうとして大きめのサイズでカバーしようとします。気持ちは分かりますがダボダボの洋服ではだらしなさそうに見え、余計に太って見えることもあります。
逆にタイトすぎるサイズ、こちらもNGです!あまりにもタイト過ぎると中年太りの体型をかえって強調してしまうことになります。洋服を購入する際に重要なことは試着してみるということです。自分にぴったりのサイズを実際に着ることで自覚することができます。どうせこの体型だから、と言って大きめのサイズを試着せずに購入するのは控えましょう。大きめのサイズは確実に着れますがオシャレには着こなせません。タイトめなサイズをウエストが苦しいのに無理に着る必要もありません。あくまでも自分に合ったサイズを選ぶことがオシャレに着こなす第一歩です。

2適度な肌見せをする
こちらは男女共通のファッションテクニックです。身体の細く、自信のある部位は露出していきましょう。特に首、手首、足首の3箇所が見えるファッションはスタイルアップ効果があります。このいずれかを露出していると細く見えるんです。パンツだとロールアップしたり、7部丈などの物をチョイスしましょう。足首は身体の中でも華奢な部位なのでその部分を露出することで全体が細く見えます。手首も同様でシャツをまくったりなどして、肘下を見せることで細く見えます。首は日常的に露出されていることが多いと思います。タートルネックはNGです。首が短く見え全体のバランスが崩れて見える原因になってしまいます。手首、足首を重点的に考えたフッションを心掛けましょう。

3色や柄のチョイスも大事
色には膨張色と収縮色の2つが存在します。同じ大きさや容量でも色によって大きく見えたり、小さく見えたりする効果があります。それをファッションにも活かすことでスタイルアップ効果が期待できます。大きく見せる膨張色は基本的に薄い色全般です。白、パステルカラーのようなぼんやりした色です。反対に収縮色は黒や濃い目の色が挙げられます。収縮色をファッションに取り入れることで全体が引き締まって見え細く見えます。色の見せる効果はかなり大きのですぐに改善できるので気軽に取り入れやすいです。全身収縮色にしてしまうと重くなってしまうのでバランスが重要です。
色の他にも柄によってスタイルアップ効果が期待できます。最もNGな柄はボーダー柄です。これは避けた方が無難です。しかしこれがストライプになると逆に細く見せる効果があります。他にもドットなどの柄物をファッションに取り入れる際は小さめの柄を選びましょう。

4清潔感を忘れずに
清潔感に気を遣いましょう。ファッションの中で最も重要なことだと思います。どれだけオシャレなファッションでも清潔感がないと全てが台なしです。その為には清潔な洋服、自分自身の清潔感両方が必須です。ファッションアイテムは清潔なものを身に付け、身体は体臭や髭などに気を遣いましょう。こちらが改善できていない人はすぐにでも取り組みましょう。これを改善するだけでも中年太りの体型でも、印象は大きく変わります。

担当直通に電話する(田部井)