体型悩み-がっちり体型編-

ファッションのお悩みで多かったのが「体型カバー」でした。「マンネリ化」と一緒にお悩みの方が多く、体型を気にするあまりマンネリ化に陥るパターンが多いようです。身長が高くない、がっちり体型、ほっそり体型など悩みは様々です。体型に悩みを抱えている方でも「色」「柄」「アイテム」などを考えて選ぶことで1人1人に合った洋服は絶対に見つかります。今回はお越しになるお客様の一番悩みとして多い「がっちり体型」のコーディネートについてご紹介します。

がっちり体型の特徴
特徴として、学生時代にスポーツをしていた方が多く、筋肉質で胸や肩、太ももが特にがっちりしていて、太って見えてしまうことが挙げられます。また30代以降になると痩せにくく脂肪がついてしまっている方も多いです。身体の中で一番がっちりしている部分を基準に選ぶと、全体的にオーバーサイズになりやすく、野暮ったい印象になってしまいます。

洋服を選ぶ際のコツ-サイズ感
がっちり体型の方はゆったりした洋服を選ぶ方が多いです。もちろん大きければ着ることができるので、小さいものを選ぶより安心だ!と考えることもできますが、がっちり体型の上でゆとりがある洋服を着てしまうとさらに太って見えてしまいます。サイズを確認する上で一番大事なポイントは、「自分の身体のがっちりしている部分がジャストサイズになる洋服を選ぶこと」です。洋服を選ぶ時に一番サイズが大きいところを基準にして選び、他の部分にゆとりが出ないか確認をしましょう。また筋肉が張る部分は試着をし、身体を動かしてみることで、きつすぎないか確認することができます。

洋服を選ぶ際のコツ-色柄
色の選び方や合わせ方を考えることもポイントです。色の分け方はいろいろありますが、収縮色と膨張色が一番大事になってきます。暗い色は引き締まって見えて、明るい色は膨らんで見える。ファッションに大きな影響を与える色になります。

がっちり体型の方はがっちりしている部分に収縮色を選ぶようにしましょう。また錯視を利用して体型をカバーすることもできます。
一番分かりやすいのが、ストライプとボーダー。縦に線が入っているストライプは体型が細く見え、横に線が入っているボーダーは太く見える効果があります。柄物選ぶ時は、まずは細いストライプを選択しましょう。

がっちり体型に合うファッションとは
男性の場合、「がっちり体型」をプラスに考えるのであれば「男らしい体型」になります。大人っぽいファッションなら「ジャケットスタイル」がおすすめです。上半身がっちりタイプの方はネイビーや黒のジャケットにライトグレーやベージュのパンツを合わせると上半身をカバーすることができます。また下半身がっちりタイプの方はライトグレーなど明るめの色のジャケットにネイビーや黒、カーキのパンツを合わせるといいでしょう。カジュアルファッションの場合は、レザージャケットやデニムパンツなど重めの素材がおすすめです。

担当直通に電話する(田部井)